ー妻が子宮内膜間質肉腫を告知されましたー5年後の生存率56%ー

光と申します。妻の癌(子宮内膜間質肉腫)が発症(2016年2/1告知)してからの経緯、感情を記しておこうと思います。

東北大震災

f:id:shasin130:20160401214216j:plain

今日は東北大震災の起きた3/11日。

 
いきなり妻や旦那さん、子供、親戚、仲間が亡くなる気持ちは、到底それを経験したものでないと分からない。
 
想像するだけで、耐えられない程の悲痛な思いなのではないだろうか。
 
私の妻の場合は、告知はいきなりだけども、いま現在でも今までどおりに話せる。
 
まあ、髪の毛は抜けちゃったけど。
 
けど、東北大震災の被害者に比べれば幸せのかも知れない。
 
人が亡くなることの悲しみに上下はないけども。
 
人は産まれてきたからには死ぬ。
人は出会ったからには別れる。
 
だからこそ、1日一日を大切に、縁のあった人を大切にしたい。
 
こう思うのは病気のお陰とも言える。
人は何にでも感謝出来る。
 
嫌な事が起きるから、何も無い日常にも感謝出来る。
 
嫌な事を知らない人は何かないと幸せ
を感じることが出来ない。それは不幸とも言える。だって、その幸せは一時しのぎなのだから。
 
これから私は1日一日を大切に、仲間を大切にしていこうと思う。
 
東北大震災、妻の癌は色々なことを教えてくれる。