ー妻が子宮内膜間質肉腫を告知されましたー5年後の生存率56%ー

光と申します。妻の癌(子宮内膜間質肉腫)が発症(2016年2/1告知)してからの経緯、感情を記しておこうと思います。

奇跡

私の好きな作家に「小林正観」さんがいる。

 

その人の言葉に、「何事もないのは奇跡」

私たちは奇跡の連続の中で生きている。

 

という感じの言葉があった筈。

 

確かに無差別殺人や、車が歩道に突っ込んでくるとか、色々と予想出来ないことが起きる中で生きていられるのは奇跡といえる。

 

また「因果応報」という言葉がある。

原因があるから結果があるということ。

 

ただ、これは結構難しい。

というのも、因は複雑に絡み合うから。だから結果が上手く出ない。

正しく生きていれば良い生き方が出来るかというとそうでもないと思う。

 

それに比べて、「何事もないのは奇跡」「何気ない日常が幸せ」というのは、分かりやすい。

 

f:id:shasin130:20160312001451j:plain

広告を非表示にする