読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ー妻が子宮内膜間質肉腫を告知されましたー5年後の生存率56%ー

光と申します。妻の癌(子宮内膜間質肉腫)が発症(2016年2/1告知)してからの経緯、感情を記しておこうと思います。

平凡な日常

平凡な日常の幸せ。

今日は仕事帰りに「ペヨング」を買ってきた。ペヤングに似た商品でニュースになっていた。

退院中の妻と一緒に一つのペヨングを食べた。

 

こんな日常も残りわずかなのだろうか・・。

 

妻は、腎臓が片方癌でふさがっている。もう一つは尿管結石でふさがっている。

なので、尿管ステインというものを付けているが、本日病院から連絡があり、先生たちで話した結果、石を砕こうとか何とか・・。

なので手術するみたい。そうすれば、腎臓が一つ復活するようだ。

 

初めのうちは、癌があるので、尿管結石を取ろうとすると合併症になると聞いたような覚えがあるが、抗がん剤治療をしてきた効果で出来るようになったのだろうか。

 

何にせよ、下手にいじられて、今より悪くならなければ良いと思っている。

抗がん剤治療を始めるときもそうで、それにより体が弱るのではないだろうか、と恐れていた。

しかし、今のところは大丈夫で、むしろ、前より調子が良いようなことを妻は言っている。

ぜひ、この調子で良い方向に向かって欲しい。

 

f:id:shasin130:20160316012634j:plain