読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ー妻が子宮内膜間質肉腫を告知されましたー5年後の生存率56%ー

光と申します。妻の癌(子宮内膜間質肉腫)が発症(2016年2/1告知)してからの経緯、感情を記しておこうと思います。

天然先生・・(-_-;)

本日、癌センターに通院しました。私は付添い。

 

「う~ん、腫瘍が小さくなっていないね・・」と先生。

 

・・一番強い抗がん剤治療をしていて腫瘍が小さくならないのか・・、と私は思いました。

 

先生は、「でも、数値は悪くないよ」と。

 

女の先生で、妻と変わらない年くらいに見えます。二人とも友達みたいに明るく話している。

 

先生が、「じゃあ、次の入院は28日ね」と言うと、妻と私は「えっ?( ゚Д゚)」と。

 

先生が「伝えてあったよね?」というが、妻は、「こないだ退院の時、先生に会わなくて聞いてません・・」と。

 

先生「えっ?そうだっけ?」と。

 

おいおい、こんないい加減でいいのか?と私は不安になりました。

 

しかも、退院した次の日には、違う病院で尿管結石の為に入院です。

そんな忙しくていいの?と思いましたが、癌治療の合間に尿管結石の手術をすることは、違う病院の先生と話しがついているみたいで・・。

 

でも、その日にちは先生も知らなかったみたいで・・。

妻も天然だし、先生も天然だし・・、

 

病気は最悪の癌なのに、こんなんでいいの?と私は思いました・・。

何か大きな失敗しそうな先生・・。

 

まあ、それでも任せるしかないのだろうけど・・。

 

次は月マタギの入院。支払いが二回分なのかな?

払えない人はどうするんだろ?と思います・・。

 

妻の病気の事、支払いの事、子供の事、仕事のこと、そして暫くすれば親の介護も始まりそうです。

 

先の事を考えるとため息ばかり・・。

 

※今日はレバニラ炒めを作ってみました。

 

 

f:id:shasin130:20160324193510j:plain