読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ー妻が子宮内膜間質肉腫を告知されましたー5年後の生存率56%ー

光と申します。妻の癌(子宮内膜間質肉腫)が発症(2016年2/1告知)してからの経緯、感情を記しておこうと思います。

癌治療は延命治療・・気持ちが切れるとき・・

癌治療でも治る見込みのあるものは良い。

私の近くのママでも癌になった人が何人かいるが、乳がんなどは切除して助かっている。もちろん女性にとって胸を切除するのは死ぬほど辛いだろうが・・。

 

けど、私の妻の場合、いくら抗がん剤治療をしても、癌と付き合っていくしかなく、今の状況をキープするのが精いっぱいだと言われた。

 

それは、毎月のように、治療をするということ。抗がん剤治療をし、点滴をし、多額のお金を払うことで家庭を圧迫し・・。

 

それでも、良くはならない。

 

痛みに強い妻も、3クール目の抗がん剤治療に入ったが、弱音を吐き始めている。今までになかったことだ。

 

気持ちが折れた時、それは死を受け入れた時。

 

いつ本人がそういう気持ちになるのか、若しくはなっていて、伝えてくるのか・・。。

 

もちろん死ぬことは嫌だろうが、治療の痛みに耐え続けるのも地獄・・。

 

生きるも地獄、死ぬも地獄・・。

 

先日も、抗がん剤治療により白血球は下がるらしく、上げる治療をしたのだが、そうすると、骨がきしむのが分かるくらいの痛みが走るらしい。

 

結局、抗がん剤治療をして癌の成長を止めても、白血球を増やす治療の痛みと戦わねばならない。

 

これでは、治療しているのか何なのか・・。

 

ただ、高額のお金を払い、髪は抜けるはご飯を食べても味はしないは、家に帰っても怠いわ、痛いは、血尿は止まらないわで・・。

 

延命治療は単に苦しいだけでもある。

 

※買い物を行くスーパーの目の前のお寺さんの桜。スマホでパシャリ。

 

f:id:shasin130:20160328200519j:plain