ー妻が子宮内膜間質肉腫を告知されましたー5年後の生存率56%ー

光と申します。妻の癌(子宮内膜間質肉腫)が発症(2016年2/1告知)してからの経緯、感情を記しておこうと思います。

抗癌剤治療は利かない・・

 

こんな上のような記事を読むと、体を弱らすためだけに治療をしているとしか思えない。

抗癌剤治療をしてもしなくても寿命が同じなら、しない方が良いに決まっている。副作用で苦しんでいる時間がもったいない。

 

これは抗がん剤治療を始める前に、私が医者にいったこと。

でも、妻は抗がん剤治療をしたいと言っていた。

少しでも可能性にかけるため。

 

・・、私にしてみれば、実験に使われているとしか思えない。

日本の医療もこんなものなのか・・、と不信感を抱いている。

 

風邪にしたって、病院にいったって治るものでもない。薬を貰って緩和するだけだ。

治るのは時間が経つのを待つしかない。

 

何とも言えない時間が毎日流れていく・・。

f:id:shasin130:20160408220018j:plain

 

gan-chiryo.com