ー妻が子宮内膜間質肉腫を告知されましたー5年後の生存率56%ー

光と申します。妻の癌(子宮内膜間質肉腫)が発症(2016年2/1告知)してからの経緯、感情を記しておこうと思います。

振り回す医者

今日は通院の日でした。

 

先月にセカンドオピニオンを勧められ、築地の癌センターに行きましたが、そちらでは治療はしないで、今を楽しんだほうがいいと言われ、それに納得し、

 

また、通常通り一か月に一回の通院になりました。(二俣川

 

今日、二俣川の医者と話したところ、築地の方で手術し、ホルモン治療できるのに何故しないの?と言われました。

 

けど、築地の方では、ホルモン治療はあくまでもオプション的なもので、2割から3割の人にしか効かない。それを多いと見るかどうかは人それぞれ、それにリスクももちろんある、と聞いていました。

 

治療を進める二俣川と治療を勧めない築地です。

 

で、私は頭にきて、再度、治療を進める医者に「もういい加減にしてくれ、こっちは築地の説明に納得したんだ。もう振り回さないでくれ!」とキレ気味に言ってしまいました。

 

それでも、一回築地の方へ電話するから外で待っていてくれますか?私が納得いかないといってくる医者。

 

お前が納得しないのなんて、こっちは知らねーよ!と思いましたが、外へ出た。

私は妻に、「お前も優柔不断だからいけない、あの医者もこっちのこと考えずに、自分のやりたいことをしようとしてるだけじゃねーか!あのくそ婆あ!」と待合室で声大きめに言ってしまいました。

 

周りはドン引き・・・。

 

そして、もう俺はいかないから、一人で言ってこい、と妻にいい、私はもう診察室に行くのは止めました。

 

振り回しすぎ、のあの医者。

女の先生だけども、顔に感情だすし、自分のやりたいように持っていこうとする。

女はダメだ!と思った。感情的になりすぎる。自己中。医者に向いていないよ。

 

抗がん剤をするときも、私は嫌だといったのに、顔色変えてやるように進める。その結果、案の定、副作用が出た。で、責任も取らない。

 

あの女医に従っていたら、モルモットになったまま殺されちゃう。

 

こっちは、毎日不安で、でも頑張って生きているんだ。

いい加減にしろって感じ。

 

その後、補助のようについていたナースさんが診察室をでたあとに、「先生もああいう言い方しかできなくて・・、ご主人大丈夫ですか?」とフォローしてきました。

 

ナースさんの方がよっぽど落ち着いている。

 

f:id:shasin130:20160905171332j:plain

 

 

広告を非表示にする