ー妻が子宮内膜間質肉腫を告知されましたー5年後の生存率56%ー

光と申します。妻の癌(子宮内膜間質肉腫)が発症(2016年2/1告知)してからの経緯、感情を記しておこうと思います。

今年最後の診察の結果

今日、妻の通院であった。

 

最近は下痢が続いていたので心配していたが、結果は寧ろ良好で、腫瘍が小さくなり、肺の癌も見えないくらいになっているとか。

 

血栓が心臓近くにあるので、いつどうなるか分からないのは心配だが、癌自体は、まだ大丈夫のようだ。

なぜ、良くなっているのかというと、医者がいうのは、抗がん剤が効いているのかもしれないとか。

 

??今更?

 

まあ、医者も分からないのが癌なので、患者も医者も手探り。

 

しかし、癌の方が良くなっているのなら、血栓は取ってしまいたくなる。けども、それもリスクはあるんだよね。

 

今が調子いいなら、体に負担をかけないで今楽しんだ方がいいという、セカンドオピニオンの方の先生の言葉を思い出す。

 

とりあえず、年は越せそうだ。この1年、自分にもお疲れ様だし、妻もお疲れ様、親や親せき、ブログを見てくれている皆様に感謝したい。

 

ありがとう。

 

f:id:shasin130:20161202233926j:plain

 

広告を非表示にする