読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何があっても、きっと大丈夫、・・・たぶん ~前を向いて歩くべし~                

光と申します。妻の癌(子宮内膜間質肉腫)が発症(2016年2/1告知)してからの経緯、感情を記しておこうと思います。

娘の涙

娘と話をしていた。

 

SPEEDの上原多香子さんの旦那が自殺で亡くなったとき・・、旦那のお母さんが素晴らしい言動だった、と私が言うと、

http://spotlight-media.jp/article/369775335809836344

 

中2の娘が、

「この話しすると、ないちゃうんだけどさぁ」と切り出した。

 

「何?」と聞くと、

 

「ある夫婦の、旦那さんが亡くなるときに、娘たちに送った言葉があるんだって」と娘。

 

「うん」

 

「娘たちへ。新しいパパが来たとき、笑顔で受け入れてあげて下さい」と。

 

娘は泣きながら言った。

 

その時、思った。

 

去年、授業中に、娘が号泣したらしい。

ちょうど、妻が癌の告知をされたときだった。我が家はショックを隠せない状況だった。

 

その時に授業で聞いた話がこれだったんだな、と。

 

・・辛い思いさせてごめんよ。

 

f:id:shasin130:20170117220525j:plain