ー妻が子宮内膜間質肉腫を告知されましたー5年後の生存率56%ー

光と申します。妻の癌(子宮内膜間質肉腫)が発症(2016年2/1告知)してからの経緯、感情を記しておこうと思います。

仲間の誘い

妻の病気が発覚してから、仲間と飲みに行ったり、あるゆる、イベントを断っていた。

 

妻に何が起きるか分からない状態だし、何かあった時に、ベロンベロンに酔っ払っていたなんて、そんな状態でいたくなかった。

 

けど、散々断わり続けていたにも関わらず、未だに誘ってくれる仲間がいる。

 

そして、今回は、妻と一緒ならと、誘いを受けた。

 

なぜ、素直に受けたかは分からないけど、行くことにした。

 

いま、誘ってくれる仲間の大切さ、有り難さに感謝でいっぱい。涙が溢れてくる。

 

私は一人じゃない。

 

気を使って、誘わないでいる仲間もいる。そういう仲間の気持ちも伝わってくる。

 

みんなが、それぞれに気を使ってくれていて、感謝で言葉が出ない。

 

子供ですら、お金のかかる今の状況に、我慢していることもある。

 

みんなに気を使わせているが、私は何も出来ない。

 

ただ、できる限り、みんなを大切にしていきたいし、逆に、みんなが困った時に、絶対に助けていく。

 

感謝。