ー妻が子宮内膜間質肉腫を告知されましたー5年後の生存率56%ー

光と申します。妻の癌(子宮内膜間質肉腫)が発症(2016年2/1告知)してからの経緯、感情を記しておこうと思います。

障害年金が貰えるようになりました

ご無沙汰しています。今のとこ妻は平穏な日々を送っています。担当医には今年いっぱいと言われたものの、調子がよく、今年は乗り切れると思っています。

 

6年生になった下の子の卒業式までもう少し!

 

それはそうと、長く悩んでいた、妻の障害年金が出ることになりました。珍しい子宮内膜間質肉腫ということで、年金事務所も例がないみたいなことを言っていました。

そして、病気が確定したとき専業主婦、しかし、その前に癌ではないと言われながら、子宮を取ったときは社員で働いていた。

 

そこのところでゴチャゴチャしていて、なかなか年金事務所も社員で働いていたと認めず、時間がかかりましたが、何とかでることになりました。

 

といっても、月に4万くらいです。通院費と薬だいなどで、ほとんど残りませんが、出ないよりは全然良いです。

 

上の子や下の子にもお金がかかり、妻が働けない今、私はガムシャラに働く日々です。

 

妻が告知されてから、2年半が経ちました。

 

このまま、少しでも長く・・

 

↓(旅行にいったときにでてきたアワビです。大きい(^^♪)

 

 

f:id:shasin130:20180902231421j:plain