ー妻が子宮内膜間質肉腫を告知されましたー5年後の生存率56%ー

光と申します。妻の癌(子宮内膜間質肉腫)が発症(2016年2/1告知)してからの経緯、感情を記しておこうと思います。

癌、お金の問題

今回の入院費は7万くらいだった。

とりあえず児童手当で賄う。

次の分は、コープ共済で賄える。
これは入院したからで、通院だと出ないので困る。
これ、気をつけないといけない部分。
 
その後はコープ共済と妻の働いていた会社からの給料2/3傷病手当で賄う。でも、これ共済から出るらしいのだけど、それを申し込む用紙が会社にないと、会社に言われて困っている。
私の会社ではそんな事ないのに、妻の会社はどうなってるんだ?
ブラックなのか?
 
これ貰えないと困ってしまう。
何とかせねば。
 
但し、この給料2/3は18ヵ月なのでその後は障害年金か、それが貰えない=働けるならパートして貰い、それ足すコープ共済から出すことになるだろう。
 
なるべく私の給料を使わないようにしないと、子供の人生に影響出てしまう。
 
それにしても今まで私と妻の2人分の給料があったのに、一気に私の給料だけに...。
転落人生...。
 
昨日調べていたら、癌のかかるお金を払えずに治療を諦める人もいるらしい。
さらに、離婚する人もいるらしい。=離婚して妻は生活保護で治療費を賄う方が安いからみたい。
 
でも、それは...悲しい(´;ω;`)
 
今のところ、7万(高額医療の為にこの金額に収まった)+通院費2回で6万+入院中の雑費がかかっている。
これ、お金を普段から貯めておかないと破たんするよ・・。ギャンブルとかしていて借金している人、カツカツの人たちは治療出来ない・・。
現実に多いみたいですね。何とかなると思ったら大間違い・・。
こうなってみないと分からないこと・・。