ー妻が子宮内膜間質肉腫を告知されましたー5年後の生存率56%ー

光と申します。妻の癌(子宮内膜間質肉腫)が発症(2016年2/1告知)してからの経緯、感情を記しておこうと思います。

癌の人は見た目元気・・

本日、妻は癌センターではなく、違う病院で手術。

尿管結石を砕くため。

 

私は入院の為に付き添ったが、癌センターに比べて、病人って感じの患者さんが多く、驚く。

 

骨折しているお婆ちゃんや車いすの方や・・、ここは戦時中の病院か・・、というくらい、何か暗い。

電気も暗い。

 

有名な大きな病院なんですがね。

 

そういえば、私のお爺ちゃんはここで亡くなったんだった。

 

それに比べて癌センターは明るい。

見た目普通の人と変わらないし、看護婦さんとも笑い話出来るし、廊下なども綺麗だし広い。

 

ホテルみたい。

 

癌センターに入院する人は、亡くなる寸前の方はいないのでしょうかね。

処置が出来なくなったら退院して、余命を楽しんで!という感じで、残りの5日前くらいまで元気みたい。

 

まあ、元気という表現もどうかと思いますが・・(^^;

そう考えると癌って不思議な病気。

 

だから周りの人も、こないだまで元気だったじゃん!!って、ビックリするみたい。

 

苦しんで亡くなるよりは恵まれているのかも知れない。

 

さあ、妻よ、今日の手術頑張れ。

 

f:id:shasin130:20160404134602j:plain