ー妻が子宮内膜間質肉腫を告知されましたー5年後の生存率56%ー

光と申します。妻の癌(子宮内膜間質肉腫)が発症(2016年2/1告知)してからの経緯、感情を記しておこうと思います。

職場の優しさ

今回のことを職場には話している。

 
人手不足の中、事務所の方が、かなり気を使ってくれている。
 
妻の退院日からゴールデンウィーク後まで有給をくれた。
 
初めはゴールデンウィーク前までだったが、頑張ってくれたらしい。
 
今まで、仕事仕事で、疲れる会社だなんて思っていたが、いざ困った時の優しさが凄い。
 
話しも聞いてくれ、色々と気持ちを察してくれる。
申し訳ないくらいだ。
 
妻が逝った後には恩返しをしなくてはと思うが、その時はその時で、私は子供を見ていかなくてはならない。
 
そこでも会社に無理を言わねばならないことがキツい。
 
会社にも頭が上がらない。
親にも頭が上がらない。
近所の人にも頭が上がらない。
 
人は助けられて生きているというが、こんなに実感したのは初めてで...。
 
私は人を助けたことがあるのだろうか...。
 
因みに、ゴールデンウィークは私の誕生日。
不吉だ...。
 
そういえば、妻の今年のおみくじは「大吉」...
 

f:id:shasin130:20160420233915j:plain