ー妻が子宮内膜間質肉腫を告知されましたー5年後の生存率56%ー

光と申します。妻の癌(子宮内膜間質肉腫)が発症(2016年2/1告知)してからの経緯、感情を記しておこうと思います。

腎ろう

妻の体は癌により腎臓がやられました。

 

腎臓が機能しておらず、腎ろうというもので対応しています。

 

しかし、それも延命に他なりません。

 

すでに癌が大きくなり、胃を押し上げており、咳も吐き気も止まりません。

 

近々、妻が家に帰ってきます。

 

最後は家で迎えるためです。

 

ただ、妻は、まだ余命を知りません。

 

家に帰ったら、買い物や手続きややらねばと、まだまだ頑張るつもりです。

 

そんな前向きで、苦を得ても、苦しい表情を見せず、機嫌もわるくならない妻は、大したものです。

 

この妻と結婚して良かった。